海外事例10選

2021/10/14

最新IoT事例!商業施設における海外事例10選

現在、70億台以上のIoTデバイスが接続されていますが、この数が2025年には220億台に増加すると予想されています。 さまざまな分野でIoT化が進む中、商業施設においても導入が加速中です。 日本では馴染みがないものの、世界的に注目されている海外企業の存在も目立つようになりました。 そこで今回は、商業施設における海外企業の事例を10選紹介します。 商業施設における海外事例10選IotaComm IoTで水道の無駄を省くAlertMedia IoTを活用した監視体制AVT スマートサイネージで顧客が店頭で購 ...

ReadMore

産業用LTEルーター

2021/10/11

【2021年おすすめ】産業用LTEルーター5選!IoT活用での選ぶポイントを解説

IoTのエンドデバイスをネットワークに接続するにあたって、最も使いやすい通信規格の組み合わせは、「キャリアのメイン電波のLTE+世界中で使えるWiFi」です。 これは、端末からルーターをWi-Fiで接続し、ルーターのバックホールをLTEで接続するものです。 本記事では、このLTE+Wi-Fiの組み合わせで動作する産業用LTEルーターのうち、Amazonで購入できるおすすめ5製品の性能を比較し、ご紹介します。 本記事を読んで頂くと、使いやすい産業用LTEルーターの基本的な特徴と、IoTに活用するための要点が ...

ReadMore

IoT特許の審査基準

2021/9/17

IoT特許出願に役立つ!誰でもわかるIoT特許審査基準

特許庁の審査官に出願した発明の特許性などを判断して特許を認めてもいいかどうかの審査の基準についてはわかりにくいものです。 今回はそんな特許の審査基準を説明します。 特許・実用新案審査基準は審査基準審査基準で「発明」とはコンピュータソフトウェアを利用する場合の注意点データの発明該当性プログラムの発明該当性サブコンビネーションとは発明進歩性の審査基準まとめ 特許・実用新案審査基準は 特許の審査基準は大きくこの3点です。 特許審査基準 発明該当性及び産業上の利用可能性新規性進歩性 発明該当性は、産業上利用できる ...

ReadMore

IoT技術の特許権と審査

2021/9/14

IoTの特許を取得しよう!特許権と審査、IoT関連技術を解説

IoTによりこれまでにはなかったアイディアがどんどん商品化されてきています。 ビジネスにおいて、発明を防御するためにも特許の取得はとても重要です。 今回はIoTの特許を取得する上での特許権と審査について解説します。 IoT特許権を取得する必要性はあるのか特許権を得るメリット他社によるコピーを防ぎ、他社の製品開発方針を変える効果がある損害賠償・侵害の差し止めを請求できるライセンス料が得られる技術力の誇示 、顧客・提携先への安心感特許情報の公開で産業界の発展を促すどういうものが特許になるの発明として特許になる ...

ReadMore

通信モジュールの選び方と注意点

2021/9/13

【2021年度版おすすめ】IoTに使える通信モジュール徹底比較・総集編!

IoTを実現しようと思ったとき、利用可能な通信規格は多数存在します。 それぞれに特徴があって迷いやすいです。 ですから、様々な通信規格について、利点と欠点をまとめた比較記事をお探しの方もいることでしょう。 本記事では、まさにそのようなお悩みを解決するための情報を提供します。 本記事を参考にして頂くと、様々な通信規格の利点と欠点を素早く比較することができ、IoT製品を設計するにあたっての基礎となる情報が簡単に手に入ります。 その結果、製品調査の焦点を絞ることができるので、調査時間を短縮できます。 IoT用通 ...

ReadMore

LoRaWan

2021/9/8

【2021年度版おすすめ】IoTに使えるLoRaWANモジュール徹底比較

LoRaWANは、LPWA(Low-Power-Wide-Area)と呼ばれる規格の一種です。 920MHz帯のアンライセンスバンドを使用する規格であり、日本国内でも積極的に導入されています。 本記事では、このLoRaWANとは何か、他の規格と比較して、利点・欠点はどのようなものなのか、入手しやすいモジュールは何か、という点について、詳しく解説します。 本記事を参考にして頂けば、LoRaWANモジュールを使って独自のIoT製品を設計する場合の利点と欠点が明確になります。 それにより、基本的なコストパフォー ...

ReadMore

5Gモジュール

2021/9/13

【2021年度版おすすめ】IoTに使える5Gモジュール徹底比較

5Gは、4G-LTEの後継規格としてより高性能化されており、携帯キャリアを中心に都市部で導入が進んでいます。 また、携帯電話公衆網としての利用以外に、企業の自営通信網としての構築も可能です。 本記事では、5Gとは何か、5G対応の通信モジュールをIoTに適用する場合の利点や欠点、通信モジュールの特徴などについて、詳しく解説します。 本記事を参考にして頂けば、5Gモジュールを使ってIoT製品を設計する場合の主要な情報をまとめて入手することができ、調査時間を短縮できます。 なぜIoTの通信に5Gが必要なのか?5 ...

ReadMore

ドローン

2021/8/30

ドローンIoT活用事例!ビジネス活用の方法と規制について徹底解説

インダストリ4.0と呼ばれる第四次産業革命で重要なポジションを担うアイテムには、IoTやドローン、AI、ロボット、ビッグデータ、ゲノム編集など様々なものがあげられます。 これらの技術は今後の世界のあり方を、パラダイムシフトさせる強力な技術として注目されています。 ここでは、インダストリー4.0で注目されているアイテムの中でも、ドローンとIoTを組み合わせたドローンIoTにフォーカスを当て解説します。 この記事を読めば、ドローンIoTに関する知見や概要を理解することができるでしょう。 ぜひ最後までご覧いただ ...

ReadMore

IoT特許出願に役立つ!誰でもわかるIoT特許審査基準

IoT特許の審査基準

特許庁の審査官に出願した発明の特許性などを判断して特許を認めてもいいかどうかの審査の基準についてはわかりにくいものです。

今回はそんな特許の審査基準を説明します。

特許・実用新案審査基準は

特許の審査基準は大きくこの3点です。

特許審査基準

  • 発明該当性及び産業上の利用可能性
  • 新規性
  • 進歩性

発明該当性は、産業上利用できるものは特許に出来きます。 証拠や先行技術文献がないものです。

【新規性】がないものは特許になりません。

特許出願前に、日本国内又は外国において、公然と実施(用いられた)された発明があれば特許となりません。

「進歩性」があり同業者(同等の知識や技術を持つ者)が容易に考え出せない発明であれば特許にできます。

審査基準

選ぶポイント

IoT関連技術コンピュータソフトウェアの発明該当性の判断基準とは、 IoT関連技術はソフトウェアを必要とする場合があります。

そのときの発明該当性の判断は、他のソフトウエアを必要とする技術と同じです。

審査基準で「発明」とは

「自然法則を利用した技術的思想の創作」は高度であることが必要です。

単なる発見は特許になりません。

例えば、核分裂の発見、X線の発見、電池の原理の発見だけでは、特許権利化は出来ませんが、原子力発電、X線装置、リチウムイオン電池、など産業上で人が使えるものは特許となります。

自然法則を満足する具体例

  • 機器等に対する制御又は制御に伴う処理を具体的に行うもの(エンジン制御等)
  • 対象の技術的性質に基づく情報処理を具体的に行うもの(画像処理等)

コンピュータを利用しているか否に関係なく「自然法則を利用した技術思想の創作」と認められるものは発明該当性を満たします。

コンピュータソフトウェアを利用する場合の注意点

装置、システム、コンピュータソフトウェア等を利用してした技術的思想の創作に該当するか否かを慎重に検討する必要があります。

ソフトウェアとハードウエア協働することによって、使用目的に応じた動作方法がされれば発明該当性に当てはまります。

データの発明該当性

データが情報の単なる提示に該当する場合には、「発明」に該当しません。

例えばカメラで写つされた画像などのデータ自体などは該当しません。

データのうち「構造を有するデータ」及び「データ構造」については、「プログラムに準ずるもの」に該当し発明に該当します。

プログラムの発明該当性

「プログラム」とは、電子計算機に与える指令をするもので、結果を得ることができます。

「プログラムに準ずるもの」とは、コンピュータに対する直接の指令ではないが、コンピュータの処理を規定するものという点でプログラムに類似する性質を有するので、発明の該当性があるとされます。

また、新規性の判断にはコンビネーション発明、サブコンビネーション発明とがあり、IoTはサブコンビネーションの発明として特許出願されることがあります。

サブコンビネーションとは

コンビネーションは、「2つ以上の装置を組み合せてなる全体装置の発明、2つ以上の工程を組み合わせてなる製造装置の発明」のことを言います。

対して、サブコンビネーションは「2つの装置が対になっているタイプと全体装置に対し一部品を構成している発明」のことを指します。

「ごみ貯蔵カセット回転装置」と「ごみ貯蔵カセット」の組み合わせで成立しているゴミ貯蔵機器はコンビネーション発明です。

それに対する「ごみ貯蔵カセット」はサブコンビネーション発明と捉えることができます。

プリンター装置本体に対し、搭載インクもこの関係にあたります。

IoT関連技術は、通常、複数の装置や端末がネットワークで接続されたシステムで実現されるため、当該システムの一部がサブコンビネーションの発明として特許出願されることがあります。

IoT関連技術のサブコンビネーションの発明の新規性の判断は、他のサブコンビネー ションの発明についての新規性の判断とかわりません。

IoT関連技術の発展に伴って、1つの装置のみで完結するか発明だけではなく、複数の装置同士で情報のやり取りを行うことによって成立する発明や、複数の装置とサーバとによって構成されるシステムに関する発明が増えています

このような発明では、全体(システム)の発明だけではなく、全体の発明の一部を構成するサブコンビネーション発明で特許の権利化がはかれます。

発明進歩性の審査基準

発明進歩性の審査では進歩性が否定される要素と、進歩性が肯定される要素を、総合的に評価します。

IoT関連技術等の発明においては、引用発明との相違点に関し、有利な効果が認められるケースがあります。

有利な効果が認められるケース

  • 「モノ」がネットワークと接続されることで得られる情報の活用
  • 特定の学習済みモデルから得られる特有の出力情報
  • 特定の構造を有するデータによって規定される特有の情報処理

技術分野の関連性や課題の共通性、作用や機能の共通性、主引用発明からの単なる設計変更や技術の寄せ集めは進歩性が否定される要素となります。

まとめ

以上述べたように、IoT関連技術の特許出願をした後、特許庁の審査官による、審査内容が理解出来たと思います。

IoT関連技術は、装置システムのコンビネーションとサブコンビネーションと、適用する技術が階層化して複雑になっております。

ソフトウエアもAI(人工知能)などの発明により、技術が多岐にわたりより、複雑化して来ているので、特許庁もIoT関連技術の審査官が複数名のチームを作り、審査力を強化し、このような、審査基準をオープンにしています。

新しい技術などを開発し、特許出願時に参考にして、特許願いを作成下さい。

-未分類

© 2021 IoT技術ブログ