IoT技術の特許権と審査

2021/9/14

IoTの特許を取得しよう!特許権と審査、IoT関連技術を解説

IoTによりこれまでにはなかったアイディアがどんどん商品化されてきています。 ビジネスにおいて、発明を防御するためにも特許の取得はとても重要です。 今回はIoTの特許を取得する上での特許権と審査について解説します。 IoT特許権を取得する必要性はあるのか特許権を得るメリット他社によるコピーを防ぎ、他社の製品開発方針を変える効果がある損害賠償・侵害の差し止めを請求できるライセンス料が得られる技術力の誇示 、顧客・提携先への安心感特許情報の公開で産業界の発展を促すどういうものが特許になるの発明として特許になる ...

ReadMore

通信モジュールの選び方と注意点

2021/9/13

【2021年度版おすすめ】IoTに使える通信モジュール徹底比較・総集編!

IoTを実現しようと思ったとき、利用可能な通信規格は多数存在します。 それぞれに特徴があって迷いやすいです。 ですから、様々な通信規格について、利点と欠点をまとめた比較記事をお探しの方もいることでしょう。 本記事では、まさにそのようなお悩みを解決するための情報を提供します。 本記事を参考にして頂くと、様々な通信規格の利点と欠点を素早く比較することができ、IoT製品を設計するにあたっての基礎となる情報が簡単に手に入ります。 その結果、製品調査の焦点を絞ることができるので、調査時間を短縮できます。 IoT用通 ...

ReadMore

LoRaWan

2021/9/8

【2021年度版おすすめ】IoTに使えるLoRaWANモジュール徹底比較

LoRaWANは、LPWA(Low-Power-Wide-Area)と呼ばれる規格の一種です。 920MHz帯のアンライセンスバンドを使用する規格であり、日本国内でも積極的に導入されています。 本記事では、このLoRaWANとは何か、他の規格と比較して、利点・欠点はどのようなものなのか、入手しやすいモジュールは何か、という点について、詳しく解説します。 本記事を参考にして頂けば、LoRaWANモジュールを使って独自のIoT製品を設計する場合の利点と欠点が明確になります。 それにより、基本的なコストパフォー ...

ReadMore

5Gモジュール

2021/9/13

【2021年度版おすすめ】IoTに使える5Gモジュール徹底比較

5Gは、4G-LTEの後継規格としてより高性能化されており、携帯キャリアを中心に都市部で導入が進んでいます。 また、携帯電話公衆網としての利用以外に、企業の自営通信網としての構築も可能です。 本記事では、5Gとは何か、5G対応の通信モジュールをIoTに適用する場合の利点や欠点、通信モジュールの特徴などについて、詳しく解説します。 本記事を参考にして頂けば、5Gモジュールを使ってIoT製品を設計する場合の主要な情報をまとめて入手することができ、調査時間を短縮できます。 なぜIoTの通信に5Gが必要なのか?5 ...

ReadMore

ドローン

2021/8/30

ドローンIoT活用事例!ビジネス活用の方法と規制について徹底解説

インダストリ4.0と呼ばれる第四次産業革命で重要なポジションを担うアイテムには、IoTやドローン、AI、ロボット、ビッグデータ、ゲノム編集など様々なものがあげられます。 これらの技術は今後の世界のあり方を、パラダイムシフトさせる強力な技術として注目されています。 ここでは、インダストリー4.0で注目されているアイテムの中でも、ドローンとIoTを組み合わせたドローンIoTにフォーカスを当て解説します。 この記事を読めば、ドローンIoTに関する知見や概要を理解することができるでしょう。 ぜひ最後までご覧いただ ...

ReadMore

920MHz帯無線モジュール

2021/9/13

【2021年度版おすすめ】IoTに使える920MHz帯通信モジュール徹底比較

920MHz帯は、あらかじめIoTを想定した法整備と通信規格の帯域です。 テレメトリ・モニタリングなど、IoT向けデータ通信用途に関する通信基盤整備のため、総務省が2012年7月から、新たに免許不要で利用可能にしました。 また、国際通信規格としても、IoTを想定した各種LPWA(Low-Power-Wide-Area)が存在します。 本記事では、IoT製品の通信モジュールを検討中の方に向けて、920MHz帯に関する国内の規制の現状や、通信規格の外観、対応通信モジュールについて、解説します。 本記事を読んで ...

ReadMore

Wi-SUNモジュール

2021/9/13

【2021年度版おすすめ】IoTに使えるWi-SUNモジュール徹底比較

Wi-SUNモジュールは、日本のスマートメーター用規格として普及しており、さらに家電製品と接続できます。 ですから、Wi-SUNをIoT用途で利用するメリットは大きいです。 本記事では、Wi-SUNとは何か、どのようなモジュールが入手できるのか、という点について、詳しく解説します。 本記事を参考にして頂けば、Wi-SUNモジュールを使ってIoT製品を設計する場合に必要な情報がわかります。 なぜIoTの通信にWi-SUNが必要なのか?Wi-SUNの利点・欠点利点1. 920MHz帯は回り込みに強い利点2. ...

ReadMore

Zigbeeモジュール

2021/9/13

【2021年度版おすすめ】IoTに使えるZigBeeモジュール徹底比較

IoTプロジェクトに使用する通信モジュールとして、ZigBeeモジュールを採用すべきかどうかを検討している、という方のために、IoTに活用しやすい各種製品を、表形式でまとめてご紹介します。 ZigBeeは「ZigBeeAlliance」という団体が推進している国際規格であるため、大手メーカーの製品が流通していますし、日本国内でも利用できる製品があります。 本記事では、インターネットで検索出来て、かつ大手販売代理店・ショップに在庫が豊富にある製品をピックアップして比較・紹介します。 本記事を参考にして頂くと ...

ReadMore

ドローンIoT活用事例!ビジネス活用の方法と規制について徹底解説

ドローン

インダストリ4.0と呼ばれる第四次産業革命で重要なポジションを担うアイテムには、IoTやドローン、AI、ロボット、ビッグデータ、ゲノム編集など様々なものがあげられます。

これらの技術は今後の世界のあり方を、パラダイムシフトさせる強力な技術として注目されています。

ここでは、インダストリー4.0で注目されているアイテムの中でも、ドローンとIoTを組み合わせたドローンIoTにフォーカスを当て解説します。

この記事を読めば、ドローンIoTに関する知見や概要を理解することができるでしょう。

ぜひ最後までご覧いただければと思います。

ドローンとは

ドローン(無人航空機)とは何かについて解説します。

ドローンとは改正航空法によれば、「航空の用に供することができる飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船その他政令で定める機器であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」として定義されています。

つまり、人が乗る事ができないような小さなサイズで遠隔操作が可能な飛行物体をドローンとするということです。

また、改正航空法では、機体の重量についても言及しており、機体の重量が200g以上のものをドローン(無人航空機)、200g未満のものを模型航空機として分類しています。

ドローンの規制について

登録が必要な青い空を飛ぶクワッドコプターでのドローンのサインは許可されていません

ドローンを利用する時に、以下の場所で利用するには許可が必要です。

空港などの周辺の空域

国土交通大臣が指定する空港の周辺区域(空港の敷地・区域やその周辺概ね300mの地域) の上空ではドローンを飛行させることは禁止されています。

指定されている空港周辺地域で、ドローンを飛行させる場合は、空港管理者及び都道府県公安委員会などへ事前に申し込む必要があります

地表もしくは水面から150m以上の高さの空域

地表もしくは、水面から150m以上の高さの空域を飛行させる場合は、予めその空域を管理している管制機関と調整を行った後で、国土交通大臣の許可が必要となります

人口密集地区の上空

人口密集地区の上空にはドローンを飛行させることはできません。

人口密集地区であるかどうかは、国勢調査に基づき設定されています。 そのため、飛行させたい地域が、人口密集地であるかどうかを事前に把握しておく必要があります

ドローンの飛行で守るべきルール

無許可での飛行や基本的なルールを逸脱した飛行に対しては、罰則規定が適用されることもあります。

具体的に、守るべきルールは以下の通りです。

ドローンで守るべきルール

  • 飲酒によるアルコールを帯びたドローンの操作を行わない
  • 飛行前に安全確認を行う(機体点検や周囲の安全など)
  • 航空機または他のドローンと衝突を避けるように飛行する
  • 周辺地域の迷惑にならないようにする(急降下や騒音など)
  • 日中(日の出から日の入りの間)に飛行させる
  • 祭礼や縁日、音楽フェスティバルなどが執り行われるエリアの上空には飛行させない
  • 爆発物や危険物を伴う飛行をしない
  • ものを投下するような飛行をしない

ドローンの違反飛行に対する罰則

違反を起こした場合、以下の罰則が適用されることもあるので注意が必要です。

適用される罰則

  • アルコールや薬物を摂取した状態でドローンの正常な飛行ができないのに、公共の場でドローンを飛行させた場合、1年以下の懲役または30万円以下の罰金
  • 飛行禁止区域で無許可でドローンを飛行させた場合、50万円以下の罰金
  • 承認を得ていないのに、「航空法で禁止されている飛行方法」によってドローンを飛行させた場合、50万円以下の罰金

ドローンの飛行許可の申請をしよう

ドローンを「飛行禁止空域」で飛行させる場合には、事前に申請が必要です

申請は、飛行開始予定日の10開庁日までに、申請書類を揃え、国土交通省や都道府県公安委員会に提出する必要があります。

ドローンIoTのビジネスへの活用事例

IoTとはInternet of Thingsの略語で、従来インターネットに接続されていなかったさまざまなものをインターネットを通じて接続する技術のことを指します。

その対象となるものには、センサー機器、アクチュエータ、住宅、建物、車、家電などがあります。

これらがインターネット上で互いに情報交換することで、物事をよりスムーズに効率的に進めることができます。

ドローンもインターネットに接続し、IoT化することで今までになかったようなビジネスが生まれています。

ここではドローンIoTの事例を紹介します。

スマート警備

ドローンとIoTを組み合わせてできることの一つに、自動で敷地内の警備を行えるといものがあります。

ドローン本体とインターネットに繋ぐことで、ドローン同志の情報のやり取りが自動で行え、仮に不審者が侵入してきたときに、ドローン同志で連携して、不法侵入者を確実に追跡できます。

ドローンショー

ドローンは東京オリンピックの開幕式にも使われました。その使われ方は、ドローン1824機にLEDライトを搭載させ、空中で軍団飛行させるものでした。

この時に利用されたドローンは、インテル製の「プレミアムドローン」と呼ばれるもので、これまでにショー用として利用されていたドローンである「Shooting Starドローン 」よりも軽量で、LEDの発色を改善したものが使用されました。

人が入りにくい場所での点検作業を実施できる

建物の外郭や屋根の上、大きな橋の橋脚など、人が入って行ずらい場所や目視で確認することが難しい場所でも、問題無く飛行できます。

したがって、人間が危険にさらされることなく、対象部分の点検ができます。

スマート農業

これからの時代は、農業でもIoTやドローンを活用していけます。農機や農薬散布にドローンを利用することがすでに実証されています。

また、これにIoT技術を使用すれば、リアルタイムに食物の生育状態を観察することが出来る上に、ベストな収穫時期を割り出すことができるようになります。

スマート物流

今までは、人に任せることしかできなかった配達作業をドローンで行えるようになっていくことでしょう。

この技術がIoTと掛け合わされることで、ドローン同志で位置関係や運搬荷物の量などの情報をやり取りすることができます。

そのため、効率の高い配送作業が実現でき、また少子高齢化で人材不足になっている物流業界を改善することができるでしょう。

スマートファクトリー

製造業では、IoTとドローンを駆使してスマートファクトリーと呼ばれる工場が実現しつつあります。

IoTを使えば産業用機械とドローンが通信が可能となり、より作業効率を上げることが可能です。

例えば、産業機械で加工が終わった部品を自動的に機械から外し、ある程度加工後の部品が溜まったところで、その部品を次の工程へ移動させることにドローンを使えば、人間が介在することなく、工場のラインは動くことができます。

また、IoTの技術により、一日にどの程度の部品を加工できているかをデータ化することが可能となり、さらなる作業効率の向上に寄与できます。

まとめ

いかがでしたしょうか。

将来、ドローンIoTがもたらす有益性についてご理解いただけたでしょうか。

ドローンIoTは、インダストリー4.0あるいはSOCIETY5.0を確立するための要になるとなることは間違いないでしょう。

少子高齢化で人材が不足している業界や、人を使うには危険すぎる業界での課題を一挙に解決できる技術として、今後も注目され、開発、研究が進んでいくことが考えられます。

皆さんの意識に関わらず、気付いたらすでにIoTやドローン技術の恩恵を授かっているようなこともあるかもしれません。

今までの生活が、次世代の技術によって激変する節目にあることは間違いないでしょう。

-未分類

© 2021 IoT技術ブログ