プレスリリース

国内初・「密」を定量化する換気アラートシステム「hazaview」、「CES2021 JAPAN TECH @b8ta」の感染症対策を支援

メディア・企業向けに「hazaview」1ヶ月無償体験キャンペーンも実施



IoTプラットフォームの研究開発を行うcynaps(シナプス)株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:岩屋 雄介、以下「cynaps」)は、2021年1月9日(土)から1月17日(日)にb8ta Tokyo – Yurakuchoにて開催される「CES2021 JAPAN TECH @b8ta」(https://ces-japantech.jp/)の感染症対策への技術協力として、CO2濃度から密閉・密集状況を判断し新型コロナウイルスなどの感染症対策を促す換気アラートシステム「hazaview(ハザビュー)」(https://hazaview.com/)を提供し、会場の換気状況モニタリングを支援します。



「CES2021 JAPAN TECH @b8ta」は、2021年1月にオールデジタルで開催される、「世界最大のテクノロジー見本市CES2021」に合わせ、「JAPAN TECHパビリオン」の展示品をリアルに体験できるイベントです。b8ta Tokyo – Yurakucho店内に特設エリアを設け、来場者が新しいテクノロジーに触れられる機会を提供するとともに、店内に設置するスタジオからのオンラインイベント配信も実施し、日本のイノベーティブな企業や大学の技術を、バーチャルとリアルを融合したハイブリッド出展で国内外へ発信します。



cynapsの換気アラートシステム「hazaview」は会場とスタッフ控室にセンサー設置を行い、それぞれの換気状況のモニタリングに活用されます。会場の換気状況については会場入口のサイネージでリアルタイム確認できるほか、会場設置のQRコード読み取りにより、来場者が自身のスマートフォン等でも確認できる予定です。



企業限定・「hazaview」無償レンタルキャンペーンについて

「hazaview」の検証をされたいメディア様や導入を検討されたい企業様を対象に、「hazaview」1ヶ月間無償体験キャンペーンを実施します。会場設置の申込み用QRコードよりお申し込みいただくか、 pr@cynaps.jp までお問い合わせください。
※応募多数の場合には抽選とさせていただきます。(イベント期間中限定)

TOP