店舗等への来訪者自らが三密を効率的に把握し回避できるようにすることで感染拡大を防ぎながらの経済活動再開を支援

 IoTプラットフォームの研究開発を行うcynaps(シナプス)株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:岩屋 雄介、以下「cynaps」)が提供する換気アラートシステム「hazaview(ハザビュー)」(https://hazaview.com/)は、ボールドライト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮本 章弘、以下「ボールドライト」)が提供するデジタルマップ・プラットフォーム「プラチナマップ」と連携し、ボールドライトが2020年10月30日(金)より提供開始予定のリアルタイムのCO2濃度見える化サービス「プラチナマップAir」へのデータ提供を開始します。これにより計測デバイス設定施設のリアルタイム換気状況を来訪者が自ら確認し、三密を避けた行動を取ることが可能になります。

国内初・「密」リスクと熱中症を定量計測し、警告と対策を表示する「hazaview」
 cynapsの「hazaview」は、CO2濃度・温度・湿度の複合センサーを搭載した、感染症と熱中症のリスク低減IoTソリューションです。産業用の高性能センサーにより室内の状況を正確に計測し、厚生労働省が定める基準値をもとにリスクを判断して、スマートフォンやサイネージなどのデバイス上に警告や対策を表示します。CO2濃度から密閉・密集状況を判断し新型コロナウイルスなどの感染症対策を促すだけでなく、温度・湿度から熱中症対策もできる点が国内初となっています。今年8月にβ版の提供を開始し、保育園や病院、自治体、博物館、企業オフィス等さまざまな環境での実証実験を行い、10月に商用化しました。

管理画面から施設情報を登録するだけで簡単にオリジナルマップが作成できる「プラチナマップ」
 ボールドライトの「プラチナマップ」はデジタルマップを軸にあらゆる情報・機能を統合する、デジタルマップ・プラットフォームです。従来は作り込みが必要だったオリジナルデジタルマップを、管理画面から施設情報を登録するだけで簡単に作成できることに加え、動態管理情報、スタンプラリー機能、クーポン機能、三密情報配信を統合することで、これまで分断していた地域・観光関連情報へのアクセス一元化と、利用データの横断分析を実現しています。

連携の背景と狙い
 コロナ禍以降、密閉・密集・密接の三密回避が必須になり、実店舗においては三密回避と集客の両立という難しい課題に直面しています。今回の連携では、密閉・密集の測定に有効な「hazaview」の室内CO2濃度計測データを「プラチナマップAir」のデジタルマップ上で見える化することで、店舗管理者だけでなく来店者も自ら状況を確認できるようになります。来訪予定エリアの換気状況を効率的に把握し、安心・安全な目的地を決定できるようにすることで、感染拡大を防ぎながらの経済活動再開を支援します。
 プラチナマップは施設案内マップをデジタル化する「グラフィックマップ(フロアマップ)」機能を持っており、この機能と「プラチナマップAir」を活用することで、従来デジタル化できなかった大規模屋内施設内のゾーンごとの換気状況も、デジタルフロアマップ上で可視化できます。これにより、収容人数の多い大規模屋内施設においても、参加者自らが自然と安全なゾーンへ移動するよう誘導可能です。

今後の予定
 「プラチナマップAir」導入後は、施設のHPや観光マップなどへの表示が可能になります。cynapsでは今後もボールドライトと連携し、「プラチナマップAir」の導入先拡大を目指してまいります。

Category
Tags